<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0023329_10523618.jpgf0023329_1054850.jpg
とうとう私が愛する
アキ・カウリスマキ監督の
「街のあかり」を観てきた。

彼の作品を映画館で観たのは「浮き雲」依頼、実に10年ぶりか?
最初の映像からカウリスマキワールドがどっぷりで嬉しくて泣きそうになった(オーバーだが本当だ)。


「浮き雲」「過去のない男」に続く負け犬三部作の最終章との事である。


感想といえば

映像はやはり色がきれいで、カメラをまわしっぱなしのシーンも相変わらず上手く、そういう間がすごくイイ。
音楽もやはりカウリスマキワールドどっぷりでサントラが欲しくなった。
物語もこれまた不幸が続いていくんだけど、主人公はそれを淡々と受け入れていく。
相変わらずセリフも少なく、人物の表情もほとんど変わらない。
でもこちら側にはなんともいえない感情が込み上がる。

内容は”孤独”がテーマ。
とことん裏切られ、夢も奪われていく主人公なんだけど、それでも彼は希望を持ち続けていく。そんな彼の誠実さが最後は報われる。
”孤独”がテーマだけど、実は彼は”孤独”じゃなかったんだと思う。
ただあまりにも身近過ぎて、あたりまえ過ぎて目の前にある愛に気付かなかっただけなのかもしれない。

観終わった後、ほんわか暖かい気分になって映画館を後にした。
そして、バラとか優雅な花じゃなくて、もっと素朴で可憐な花を買って帰りたくなった。(で、アスターを買った。)

う〜ん、でも個人的にはやはり「浮き雲」の方が好き。
カウリスマキ映画にしては主人公が美形すぎるのも物足りない(笑)。


あ、「街のあかり」のサイトを観る時は是非sound onにして観て(聴いて)下さい。

そして出来れば劇場へ足を運び、カウリスマキワールドにどっぷり浸って頂きたい。
[PR]
by yyoshies | 2007-07-18 13:19 | CINEMA
f0023329_2353278.jpg

東京はお盆です。
そしてこの日は義母の誕生日でもあります。

ほおずきがぶらさがってると本当に提灯のようで、
ほおずきの季節=お盆の季節なんだなぁ・・・
と改めて納得してしまう。

夕方、迎え火を焚いていたら
「どうして火をつけるの?」とアン。
「おばあちゃんが煙に乗って帰って来れるようにだよ。」と説明したら、
「じゃあ おばあちゃん、帰ってきたの?どこかなぁ?」と、家中を探しまわってたアン。

アンの生まれた年の暮れに逝ってしまった義母。
会えたし抱っこもしてもらったけど、もちろんアンは覚えてない。

「アン、おばあちゃんは神様みたいに人間の目には見えないんだよ。」と
探し続けているアンに一応まともな応答をした私だけど、
ちょうど義母の新盆の時、ジャンも同じように探していたのを思い出した。

ジャンはおばあちゃんが大好きだったから
それは嬉しそうな顔をしておばあちゃんの姿を探していた。
その時も私は同じような言葉をかけた覚えがある。

あれから4年かぁ・・・・

「アンちゃん、おばあちゃんはここにいるよ」と、ジャンが遺影を指差した。
・・・・私よりまともな応答かもしれない。

ねぇ おばあちゃん、ジャンもアンも大きくなったよね。

4年の歳月は大きいんだなぁ・・・と、
しみじみ感じてしまった今年のお盆でした。
[PR]
f0023329_23332032.jpg

真夏のような暑さが続いたり
そうかと思ったら涼しくなったりで
気温の変化が激しい今年の7月です。

アンージャンー母と順番に風邪を引き
鼻水ずるずる、ブヒブヒいわせて
今ティッシュが手放せない私であります。
(あぁ、夏風邪ってどうしてこんなに長引くの〜!  泣)

と、近況はこのくらいにして

7月といったら夏。
青い空と木々の緑。
色でいうとブルーとグリーンかな。

そういえば先日、うだるような暑〜い日に
明治神宮の森に行ったのだけれど
うっそうと木立が生い茂る森へ入った途端ひんやりと涼しく感じました。
街中の温度と5度は違うんじゃないか?と思った程でした。
植物の威力はすごいなぁ・・・と感動してしまいました。
というわけで、
都会で涼をとりたかったら明治神宮がお薦めです。
 
 

あ、イラストは
青い空に草
又は水草とも見える。

まぁ どっちにしても私にとって7月はこんな感じです。
[PR]
f0023329_17142824.jpg

ついに!
ついにこの日、私が一読惚れ(こんな言葉あるのか?)したブロガーである、パリ在住のくみさんとご対面を果たしました。

 彼女はヴァカンスで日本へ来ていて、都内の某ホテルへ宿泊中なので子供と私で押し掛けたのだ(と、言って正解だろう)。

あいにくジャンが熱を出し、この日はアンと二人で会いにいった。
ロビーで、くみさんがすぐに私たちを見つけてくれてご対め〜〜ん。

彼女の顔を見るなりドキドキ緊張していたのも消え、
何故かもの凄くホッとした。

「やっと会えたよ〜」と嬉しさがこみ上げてきた。

その後は
くみさんとはいろいろお話出来たし、
かわいいUちゃんとTくんにも会えたし
同い年のアンとUちゃんが仲良くなれたし、
旦那様にもお会いできたし、
言う事無し!

ただ、くみさんからはいろいろとおもてなしをしてもらい、
ついでに部屋も荒して帰ってきた・・・
という見方も多いにある。(汗)

(くみさん、お忙しい中いろいろとごちそうさまでした。
あの後お部屋は無事に清掃してもらったでしょうか?)

まぁ、とにもかくにも
この7月の始まりに
私はとってもhappyな時間を過ごせました。

やっぱり生でお話するのはイイです。

くみさん、又来年ね。
そして、楽しいヴァカンスを!
[PR]