カテゴリ:フェーヴ( 21 )

f0023329_15181531.jpg


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
さて、1月っていったらガレットの季節です。
今年も2日に2つゲットしましたよ。

サダハル・アオキとFAUCHON。

フェーヴはどっちもまあるくて、茶色く・・・

・・・なんか、・・・今年は地味?(笑)

でもFAUCHON(左奥)はかわいいので、よしとしよう。
[PR]
f0023329_15254314.jpg

まだまだ続きますよ(笑)
この王冠は、
そう、ピエール・エルメ
もう今年はガレットも飽きてきたし、最後に美味しいガレットで締めくくろうと思い、
そうしたら、やっぱりエルメでしょ! と、自転車を走らせ買ってきました。

ショーウィンドウのディスプレイが可愛かったなぁ〜
この王冠も、もう最高にカワイイです。
ちゃんとデザイナーがいるんですね。いいなぁ〜私もこんな仕事してみたいわ。
味も最高に美味しかった!
久々に一口食べた途端に血糖値上がりそうな濃厚さに、パリで食べ歩いたガトー類を思い出してしまいました。

そして・・・・・
[PR]
f0023329_14532356.jpg

さて、2度目のガレット・デ・ロワ。

今年のMAISON KAYSER のフェーヴは、こんな感じ。
パンシリーズですね。
これは、パン・オ・フィグだそうです。(裏に記載あり)
昨年のBOOKシリーズより断然いいですね。
が、
しかしっ!
今年はショコラ味がないっ!(泣)

いつも、ここのは、プレーンなアマンドとショコラの2種類を買えて、
(ついでにフェーヴも2種類ゲット!)楽しんでいたのに、今年はどういうわけかアマンド味しかないのであります。
これは哀しいよ・・・。

・・なんだか、盛り上がりテンションが下がってきてます。
ガレットの味も、2回目で既に飽きてるし。(爆)

後はフェーヴだけゲットする方向でいこうかな・・と思索中。
いや、でも今年のガレットが2個だけっちゅうのは、あまりにも寂しいな。
[PR]
f0023329_1610218.jpg

東京ミッドタウンにて、うろうろ彷徨い、
JEAN-PAUL HEVINにしました!

ショコラ味です。ビターです。
美味しかったのだけど、
これ、オーブンでちょっと温め直してから食べた方がショコラの風味が増して美味しかったなぁ・・
と、食べ終わってから気付いた始末。

王冠もかわいいです。(HPでチェックしてね)

さてさて・・・
[PR]
f0023329_14215746.jpg


嬉しいニュースが飛び込んできました!

今月の24日、今週の土曜日に大阪にてMikaさんの展示会とワークショップが開催されます。

そこで私がデザインしたオリジナルフェーヴ第二弾も初お披露目されるようです。(第一号はこれね)
自分でいうのもなんですが、とってもかわいく素敵なフェーヴに出来上がってますよ。いい仕事をさせてもらいました。
ありがとう。

というわけで、
関西方面の方、24日は大阪へGO!

詳しくは 『JOURNAL Le Cahier Bleu』から


あぁ・・・私も行きたし・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
f0023329_1010974.jpg

というわけで、またガレットのこと。

今年は新宿の伊勢丹と高島屋をリサーチしてきました。

「グランメゾンものは、値段も高いので一年に一個」
これが、私の掟です。
だって、3,000円代なんてそんなに手が出るもんじゃないもの。

で、feve求めて行ったり来たりして決めたのが、(我ながらすごい執念である)
「Sadaharu Aoki」

この王冠のかわいい事!
ケースもかわいい! 
さすがは、サダハル アオキ!
(ちなみにハ行が発音できないフランス人にはどう発音されてるのか?興味津々な私)

ついでに言わせてもらうと、ガレット自体を撮れたのは初めてかも?(食べかけだけど 汗)

オーソドックスにアーモンド味のナチュールにしたんだけど、
も〜〜う美味しいのなんの! 
さすがは、サダァ〜ル アオキである。(想像フランス語)

直径18cmくらいの¥2,600のサイズにしました。

で、本題 
[PR]
f0023329_1324444.jpg

さてさてさてさて、すっかり出遅れてしまいましたが、

あけましておめでとうございます。

元旦を過ぎると、いよいよガレットの季節です。
っていうか、年越し蕎麦を食べる頃には既に私の頭ん中はガレットの事でいっぱいで、それは、お雑煮やおせちをつつく頃には、もう蓋を明ければガレットがぶんぶん飛び出して来るんじゃないか・・と思うくらいの燃えようでありました。(爆)

というわけで、年に一度のコレクター熱がメラメラと燃えております。

で、さっそく、本題。

最初のガレットは、2日の日、実家へお年賀を買いに行った時に見つけた
「HENRI CHARPENTIER」

ショコラとピスタチオ味で、すご〜〜く美味しゅうございました。

でもね、
[PR]
f0023329_11391399.jpg

私のHPでもお知らせしましたが、こちらでもお知らせです。
なんと、あのイラストからフェーヴが完成しました!
フェーヴの女王Mikaさんに愛されたこの一枚から愛すべきフェーヴが誕生です。

私にとっても幸せな、夢のようなお仕事をさせていただきました。
本当にどうもありがとう。

このフェーヴが皆様にも愛される事を願って・・

只今プレゼント実施中ですって!

詳細は →JOURNAL Le Cahier Bleu
又はMikaさんのショップから →Fevemania paris  
[PR]
f0023329_1441360.jpg

さてさてさてさて、1月ももう終わり。
やっぱりもう一回食べておこうと、
松屋銀座のMAISON KAYSERへ行って来た。

で、やっぱり2種類買う(笑)。

で、やっぱり2種類とも美味しい。

もちろん肝心なのはこちらから・・
[PR]
f0023329_15581626.jpg
あーでもない

f0023329_1558118.jpg
こーでもないと、

f0023329_21361329.jpg

いろいろと、
スタイリングするのも又楽しみでもある。

はい、お見せしたかったのは右上の白いフェーヴ。

昔のビスキュイ・フェーヴ。釉薬を塗る前のものです。
時を経た味わいとマットな質感がたまらないです。

こちらで購入。


なんだか今年はフェーヴの神様も私の処へやってきてる?(笑)
[PR]