カテゴリ:BOOK( 11 )

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

西原 理恵子 / 理論社




「カネ」の話は、下品ではしたない?
「カネ」の話って、どことなくタブーだよね。

私も、フリーで仕事やっていて、嫌になるほどぶち当たってきたこの問題。

でもね、これを考えないと仕事じゃなくなっちゃうの。
ただの趣味になっちゃう。


自分で働いて、お金を得ることの喜び。
そして大切さ。
まさに、生きていかなきゃいけないこの人生で一番必要なもの。

大変な過去を経てきた筆者だけに、
とっても、ストレートで真面目に真面目に書かれてます。

私は彼女よりも全然恵まれていたけど、思ってきたことは少し似てるな
と、思った。
ただ、真剣味が足らなかった。全然足らんわー。弱いわー。
すごいわー、この人。


もう少ししたら、息子に、そして娘に、
ぜったい読んでもらいたい。 と、思った。


母さんもがんばらんとね。
[PR]
by yyoshies | 2011-02-12 22:02 | BOOK
f0023329_111352.jpg

この世の中には科学や常識では考えられないことが起こるみたいだ。

6月9日に石川県でオタマジャクシが空から降ってきたという珍現象あり。
今日の朝刊には「今度は小魚約10匹が同じ石川県中能登町で見つかった」という記事が。

私は何を隠そう こういう謎の珍事件が大好きなのです。

専門家たちの見解としては
(1)鳥が運んだ説
(2)竜巻で飛来説
が上ってるらしいがいろいろとその節には無理もあるらしく、疑問視されてるという。

で、私の見解
(1)村上春樹ファンが新刊『1Q84』ヒットをお祝いして、ヘリコプターをチャーターして地上にバラまいた。
(2)ナカタさんの身に何かが起こった。
(3)でもナカタさんは死んじゃったので、変わりに石川県のこの地域にいるネコさんたちが皆で一斉に念力を出して降らせた。


・・・しょーもない見解ばっかりですいません。
これでも結構まじめに考えてるんですけど・・・(汗)
まったく、こういう事考えだしたらキリが無いですね。

さて、皆さんならどう思いますか?
[PR]
by yyoshies | 2009-06-11 11:35 | BOOK
f0023329_16104448.jpg

あれは、確か、夏の北海道の白樺が密生する森の写真だった。
何かの雑誌に載っていたのだ。

それを見ていたら無償に村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読みたくなった。
(読んだ事のある方なら何故だか分かりますよね)

こんな風にして2、3年に一度は必ず起こる村上春樹読書週間を過ごしている。

主人公の「僕」(名前はとうとう分からないまま)に好意を持ったのは
私がまだ20歳くらいだったろうか・・・
いつの間にか「僕」より年上になってしまったが、春樹作品の中で一番好きな登場人物なのは今でも変わらない。

で、この「僕」。村上作品には結構出番が多い。
ちょっと簡単に説明すると

風の歌を聴け (「僕」が大学生(21〜22歳)の頃の話)
  |  
1973年のピンボール (「僕」25歳の頃)
  |
双子と沈んだ大陸(短編) (「僕」26歳頃)
  |
羊をめぐる冒険 (「僕」29〜30歳)
  |
ダンス・ダンス・ダンス (「僕」34歳)
  

という感じだ。
何故こんな事を記すかというと、例えば「羊をめぐる冒険」を読んだとすると、
次に「ダンス・ダンス・ダンス」が読みたくなる。
で、それを読み終わると、じゃあ昔の「僕」は・・?
と、なり、「僕」をめぐる読書が始まってしまうのだ。
それでこの年表?である。

で、読んで行くと昔読んだときは気付かなかった事に気付く。
例えば「ノルウェイの森」の直子と接点があった事や
「メイ」という名の女の子が「僕」の周りに2人は出てくる事だったり
(ねじまき鳥にも出てきましたね)
羊男は他の短編作品でもたまに出没する・・・等々。

ってことで、一度読み出すとなかなか止められなくなる春樹作品である。

そうそう、「僕」ってなんだか昔付き合ってたボーイフレンドのような・・
私にとってはそんな存在なのかもしれない。

「その後の「僕」の話は、やっと幸せになれたからもう描かない。」
と春樹氏は以前どこかで言って、がっかりした事もあったけど、
今になるとそれで良いと思う。
だって、昔のボーイフレンドだもの。私の。永遠のね(笑)
[PR]
by yyoshies | 2008-08-19 17:32 | BOOK
f0023329_14593212.jpg

ディック・ブルーナの「クリスマスって なあに」
クリスマスの本当の意味がわかる絵本です。

小さな子供にもわかりやすいお話になっていて
数あるクリスマス絵本の中でも素晴らしい絵本だと思っています。

さて、このイエス・キリストの降誕を劇にしたのがページェント。
皆さんも幼稚園の時に演じた事があると思いますが。

アンの幼稚園では年長組から年少組まで園児みんなでこの劇を演じました。
主たる登場人物は年長組から年中組が演じ、
アン達 年少さんはお星さまの役と・・・

f0023329_15193353.jpg

羊飼いが連れている




f0023329_15214714.jpg

羊の役。

と、いうことで
[PR]
by yyoshies | 2007-12-19 15:44 | BOOK
f0023329_15135141.jpg

息子が学校で使うBOOK用バッグ。
自宅から持って来た本や辞書を入れて、机の脇に掛けておくそうだ。
「本を読んだり、常に辞書を手元に置いて調べる習慣がつくように作ってください。」と先週の懇談会で担任から言われたので作った。(というか、描いた。)

MUJIで売られてる70円のマイバッグに布製絵の具で描く。以上(早っ!)

f0023329_15265543.jpg

・・・でも、結構可愛かったりする。

「I like book」のタイトルは本をちっとも読まない息子への
母のささやかな願い(または嫌み)である。
[PR]
by yyoshies | 2007-09-15 15:35 | BOOK
f0023329_22254121.jpg

あぁ暑くてたまらんっ!
と一日中言い続けてる今日この頃。

先週は実家での〜んびりしてきました。って外は40度近い気温!
涼しい家の中でのんびりするしかないんだよね。
で、(以前も書いた気がするんだけど)里帰りには読書でしょ。
って事で今年もたくさん読んできました。

クーラーが効いた部屋でビールを飲みながらページをめくる。
子供たちは母親なんて見向きもしないので心置きなく本が読める。
仕事も家事もな〜んもない。

あぁ嬉しい。あぁ満足。あぁ幸せ。

ってことで
[PR]
by yyoshies | 2007-08-22 10:44 | BOOK
f0023329_22132120.jpg

久々の投稿です。
気付いたら10月になってました。
10月といったらハロウィンですね。
ということで10月初っぱなは「ねないこだれだ」をアップしてみました。

これ、今アンのお気に入りで、毎晩のように読まされてます。

これ、いつも思うんだけど
最後が救われない・・・というか、
「えぇっ〜〜、おばけの世界に飛んでっちゃって終わりなの〜???」
という終わり方なんだよね。

まぁ、それが良いのかわからないけど
アンは「こわい、こわい」と言いつつ寝る前に3度は読ませる程の愛読書なのである。

秋の夜長
母はおばけの声?がすっかり板についてしまいました。

ちなみに、ジャンが小さい頃は「おばけのてんぷら」
が大好きでよ〜く読んでたなぁ・・・。

この「おばけ」なかなか人気者のようです(^-^)
[PR]
by yyoshies | 2006-10-03 22:33 | BOOK
f0023329_23115545.jpg

最近ようやく、100万回生きたねこを読んだ

子供用に買った本だが
私の方がかなりグッときた。

果たして子供にはどの位理解できるのか分からないが、
生きるということ、愛するということ、死ぬということって
こういうことなんだ
と、少しずつでも分かってくれたら・・・と思う。

夏休みも終わるころ
とっても大切にしたい本に出会った。
[PR]
by yyoshies | 2006-08-29 23:46 | BOOK
f0023329_10531756.jpg

話は前後するのだが
先週に4泊ほど里帰りをしてきた。

実家には姪もいるのでジャンもアンもそれはそれは毎回楽しみにしている。
もちろん私も久々に主婦業を休めるから嬉しい。

でも・・・
母の手伝いくらいはもちろんやるのだが
他にやる事がなくなる・・。(実家とはそういうもの?)
子供達は子供達で遊んでいるので、ほとんど私は眼中に無し。
よって、
何が最適か?と考え
読書に最適だと結論をだした。分厚い本だと尚良い。

それで今回 里帰り中読めた本は・・・・
[PR]
by yyoshies | 2006-08-23 11:40 | BOOK
f0023329_105609.jpg
相変わらずフレンチトースト作りに燃えるジャン
今日も早起きして朝食もこれを作っていた。(^-^;)

こうなると、ホントに夏休み中こればっかりになりそうなのでどうにか他の料理もさせたいと思い、以前購入したこの本を見せて上げた。

「プチシェフのためのフレンチレシピ」

ホテルリッツの子供教室のレシピを上野万梨子さんが日本語監修したもので、ジョエル・ジョリヴェの版画とコラージュがとっても可愛い。

f0023329_11101192.jpg

ジャンも真剣に読みだし、
「おもしろそ〜。作りたいっ!」と興味津々
(母の思惑が当たりか?・・フフフ)

今年の夏休みは子供と作ってみたいと思う
これも立派な食育か?(^-^)

まぁ、時間がたっぷりある夏休み
子供と料理に時間をかけて楽しむって結構大切だよね と思う今日この頃。
(最近、夜中に仕事してま〜す ><)
[PR]
by yyoshies | 2006-07-27 11:31 | BOOK