カテゴリ:ART( 19 )

f0023329_143626100.jpg


6月12日、京橋のART SPACE繭へこばやしゆうさんの作品に会いに行ってきました。
そして、ご本人にも!!

何年か前に雑誌でゆうさんの事を知り、
次々と生まれる作品たち、というか、ゆうさん自身に強烈に惹かれて
いつかお会いできたら・・・・と思っていました。
もうワクワクして向いました。

ゆうさんはそれこそ何でも作ってしまう方で、
作品たちはとっても自然体で、自由でダイナミックで、
とにかく好き! 私の大好きなセンスなのです。
そんな作品たちが、びっしり詰まったスペース。
しかもご本人までいらっしゃり・・
それはそれは至福の時を過ごしてきました。

ゆうさんがこれまた、素敵な人で
太陽と大地のような人。と表現したらいいのでしょうか・・・
もう、弟子にしてくださいっ!って感じでした。
まさに、「ものをつくる人」であり、
それを心から楽しんでいらっしゃる方で、作品からもビシバシ伝わってきます。
すごい人です。


写真はゆうさんのお皿。
このフォルムといい、どっしり感といい、最高です。
失礼かもしれませんが、私が学生時代に制作してたお皿にすごく似ていて、土で作った石っていうんでしょうか?そう、こういう感じがやっぱり好きなんだよな・・・って自分で再確認してしまった私です。
絵も良かったなぁ・・・
早くも次の展示会が楽しみになってます。

誕生日前日に強いエネルギーをプレゼントしてもらった気分。
さ、私もいっぱいつくろう!

ゆうさんの暮らし、作品はこちらで垣間見れます→ Click!
[PR]
by yyoshies | 2012-06-14 15:26 | ART
f0023329_1582180.jpg

7月ももう終に近づいてしまいました。
今月の私は、とにかく「人」。
人と会う縁がものすごくあって、(お誘いがあり、だいたい飲み会とかランチとかで果たされるわけだけど 笑)
とにかく交際運が活発な月でした。
この方とのご対面もそんな運のおかげかな・・って思います。

先週の日曜日、横浜赤レンガ倉庫で開催されていました
あ〜てぃすとマーケットへ行ってきました。
目的は写真の作品の作者、angel seedさんに会いにです。

彼女は福島県いわき市在住の作家さんです。
私が作品ブログを始めて、最初にコメントをくださってからのお付き合い、早何年だ? 6年くらいかしら?(汗)
この日、初めてのご対面を果たして来ました!

彼女の手から生まれるお人形たちのように、甘〜くかわゆい感じの方だと想像してたら(失礼!)、
とっても凛とした中に柔らかさも備えた、素敵な素敵な方でした。
ショートカットがすごく似合ってました。

震災のこと、放射能のこと、これからのこと、子供たちのこと、
いろいろお話できました。
3.11から、私の中でも本当にいろんな事が変わってしまい、
制作活動もすっかり遠のいてしまってましたが、
現地にいる彼女の方が前向きで、逆に私の方が元気をもらって帰って来た感じです。

あ、写真は私の大好きな「おうちシリーズ」、
たくさんあってすごく悩みましたが、1セット我が家にお持ち帰りしました。

angelさん、お会い出来てほんとうに良かったです。
ありがとうね。
[PR]
by yyoshies | 2011-07-27 15:52 | ART
f0023329_15155133.jpg

あのワークショップで作ったボタンの出来上がり。

・・・・・あまりに色味がなく、微妙・・(汗)

だって、ルーシー・リーやハンス・コパーの作品観て作ったんだもの。
だって、クールにシャープに作りたかったんだもの。

・・・でも、型がこういう場合、
やっぱり鮮やかな色の方がかわいいんだろうなぁ・・


う〜〜む、あまりにシブすぎた。 
でも、何か装飾に用いるならこのくらいがやはりベストか?

う〜〜〜〜む 微妙。
[PR]
by yyoshies | 2010-09-11 15:26 | ART
f0023329_10562754.jpg

先日のルーシー・リー展を観てから、私の中で沸々と陶芸熱みたいなものが湧いてきてまして、
あぁ・・・土を触りたいと、手の中が土の感触を無性に恋しがってるわけです。(元、学生時代は陶芸専攻だったもんで)

そしたら、今度はルーシーのそれこそ運命の人であったハンス・コパーの展覧会が開催されて、そこで、2人の縁のきっかけとなったボタン製造のワークショップが開かれる事を知ったわけです。
しかも区民在住の小学生の親子参加で。
さっそく応募したら、見事当選!

で、当日息子と制作した作品がこれ。
色付けの工程まで仕上げて、後は焼き上がりを後日受けとりに行くだけ。

石膏型抜きの手法でした。
久々の土の感触、ルーシーやハンスとつながる作業、
そのうちアシスタントなのかライバルなのか分からなくなった息子との共同制作、夢中になった3時間は目がしょぼしょぼになって疲れ果てたけど、とっても至福な時間となりました。

いやぁ〜、やっぱり陶芸は楽しい。
今度は型抜きじゃなくて自由に作りたいなぁ・・・なんて、
やっぱり陶芸への憧れは続きそうです。



f0023329_12194040.jpg

ハンスはルーシーと出会い、ルーシーはハンスと出会い、お互い陶芸人生を捧げました。
これはもう運命の出会いだったわけで、そういうの、本当に凄いなぁ〜と思います。
ハンス・コパーの作品はクールで力強いオブジェのような陶芸作品群でした。男らしいです。
片やルーシーの作品を改めて見るとやはり女らしいですね。
男にしか表せない作品もあり、女にしか表せない作品ってやっぱりあるんですよね。

9/5まで開催。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by yyoshies | 2010-07-26 11:37 | ART
f0023329_11344951.jpg


穴ぼこに ちくちく みずたま



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by yyoshies | 2010-07-13 11:35 | ART
f0023329_12102411.jpg


海岸で拾った貝殻のかけら
ホワイトセージの葉

そんな大好きなフォルムから生まれた花かざり



先日、このコサージュの撮影がありました。
もちろん付けてるのは作者本人であって・・・、うまく撮れてるといいなぁ(大汗)

[PR]
by yyoshies | 2010-07-09 12:25 | ART
f0023329_938228.jpg

先週観てきました。『ルーシー・リー展』

生涯変わらぬ彼女の陶芸への情熱。
凄かったな。

ろくろを回して制作に没頭してるルーシーの横顔。
彼女の手によって生まれる繊細だけど芯のある作品群。
そして深い深い色合い。

もう、打ちのめされましたよ。


イラストで描いたら、まるでキノコのようになってしまいました。
ルーシーを愛する方々、ホントすいません(汗)



f0023329_9534294.jpg
新国立美術館にて21日まででした。
巡回展なので、HPで是非チェックを。

それにしても、この空間は最高にかっこいい。

[PR]
by yyoshies | 2010-06-22 10:03 | ART
f0023329_21483062.jpg


!???

・・・一体なんですかね? これは?


正解はこれ → (Click!)
[PR]
by yyoshies | 2010-02-18 21:53 | ART
f0023329_13214458.jpg


行ってきました!「No Man's Land」

旧フランス大使館取り壊しの前に公開されているアートイベント。



段ボール製の門をくぐると・・

ちょっとレポート
[PR]
by yyoshies | 2010-01-15 13:52 | ART
f0023329_161243100.jpg

この空間

この中を歩くと、私までフワリ、ゆらり

なんだか、とても幸せな気分になりました。



ーお知らせー
今日から「なべつかみ」と「ハリネズミ」は西荻へ。
詳細はこちら →Click!

[PR]
by yyoshies | 2009-11-03 16:20 | ART