8月24日 雨降り 瞼について考える

f0023329_13335085.jpg

先日、可愛がってた金魚が死んでしまった。

6月頃、息子がお祭りで買ってきた金魚で
名前は最近になって「ポニョ」と名付けていた。
とても人なつこい金魚で、人が近づく度「ちょ〜だい!ちょ〜だい!」と(たぶん言いながら)寄ってきては餌にがっついていた。

死因は、元気にジャンプしたら水槽の外だった・・・・
という、あまりにも不運な事故である。
気付いた時には目を見開いたまま固くなっていた。
可哀想な事をしてしまった(涙)

で、思ったのだけれど、
どうして魚には瞼がないのか?
目を見開いたままの死はあまりにも無惨で不憫で残酷である。
ぜんぜん安らかな死に見えない。

金魚にも瞼があったら良いのに。
ニモやポニョや「ピノキオ」のゼペットさんが飼ってる金魚のように。
眠ってるのか起きてるのかだって一目で分かるし。

・・・・でも、いわしやさんまなんかに瞼があったら
さばく時や食べる時も神妙な気分になってしまいそうである。

でも、金魚には瞼くらいあってもいいんじゃないか・・・
と思うのです。やっぱり。
[PR]
by yyoshies | 2008-08-24 14:02 | つれづれ