都会もん、キャンプへ行く!

f0023329_13103171.jpg

ご無沙汰しております。

さて、
シルバーウィークに私ら家族は群馬県嬬恋村へ1泊キャンプに行ってきました。

と、言ってもこちらのキャンプ場を利用したので、レンタルでテントとか、寝袋とか、調理セットとか、一通り借りれたので結構気楽に考えていたのだが・・





f0023329_13521325.jpg

なんせ行きは東京からは渋滞で8時間もかかって到着(汗)
着いたのは18時すぎ。
この時期の山の18時と云ったら、もう真っ暗。しかも寒い(泣)
しかも、長旅で体力も消耗。(大泣き)
ここで既に「疲れた」「温泉行きたい」「ご飯が出る旅館に泊まりたい」
と、へたれる私とつれあい。

レンタルコーナーのスタッフには「大丈夫!初心者でもテントは簡単に組み立てられますよ。」と、笑顔で大量のビギナーズセットを渡され、他の利用者はとっくに夕食を食べて寛いでる頃、泣く泣くランプ片手に説明書を見ながら1時間掛けてテントを組み立てた。
ここらへんで凹みランク最下位。(あぁ・・夢ならどうかここで覚めてくれと何度思った事か 爆)

夕食は材料を持ってきたパエリア。
材料を切ったり、炒めたりしているうちにトーンは少し上昇。
インスタントスープにパエリアという簡単な料理だったが、身も心も温まり
又少し元気になった。
あいにくこの日は曇りで星が見えなかったけど、これで星空だったら最高だったなぁ・・

寝袋入って寝るまでが又大変で、
「母ちゃん!でかいクモだ!蛾もいるっ!」
「蚊もいるぞ!」
と、怯える現役虫好きの息子と、
かつて子供の頃は虫が友だちだったと豪語するつれあい。

「かゆい!」
「やっぱりトイレ行って来る。」
「なんか、風が入るぞ。ちゃんとファスナーは閉じてるよね?」
と、何度も寝袋を出てはウロウロするキャンプ体験ありの息子と、
かつて子供の頃はボーイスカウト2つも入ってたと豪語するつれあい。

結局そんな感じで一晩中まともに眠れなかった(特につれあい 笑)
ちなみに娘は一番に寝て最後に起きてきた。
おそらくキャンプが一番適合する人物であろう。


f0023329_1492149.jpg

それでも、朝、初めてここの景色を見た時はやっぱり感動し、
疲れも寝不足も一気に吹き飛び、
又もトーストとインスタントスープと珈琲というシンプルな朝食だったが
こんなにも美味しく感じるものなのだなぁ・・と思った。

近くを散策し、前の晩やっとの思いで組み立てたテントをあっという間に解体、
その他のキャンプグッズも片付け返却。
あっという間のチェックアウト。
あっという間のキャンプ体験。

いろいろ勉強になりました。
次回は(もし又行く時があれば 笑)、もう少し段取りよく出来るかも・・・
と、帰りに寄った温泉に浸かりながら思った私です。
でも、やっぱり室内で布団で寝たいよなぁ・・(笑)

そんなこんなで我が家の初のキャンプ珍道中。
なんだかんだ言って結構楽しかったのです。^^

長文になりましたが、ご愛読感謝です。
[PR]
by yyoshies | 2009-09-24 14:30 | つれづれ