2月11日 メガネの買い物

f0023329_140521.jpg

10何年ぶりにメガネを作ってもらった。

やんちゃな息子が生まれて、育児中メガネの危険を感じ(頭突きとか 笑)
コンタクトに変えて以来。
どうしても夜になると目が疲れてきちゃうし、視力も落ちたので新しいメガネを作ってもらった。

昔は3万くらいはしたメガネ、今はなんと5千円くらいで作れた。
価格破壊である。ウソみたいだ。これじゃまるで使い捨てだ。

「こういう事してるからどんどん日本の経済は衰退していくんだ。」
と、つれあい。
まあね、それも解る。
どんどん中国とかで作った安いモノが市場に出回れば日本で今までやってきた業者はつぶれていく。食品も商品も。私も作り手であるから、自分の作品と同じようなものが中国製やフィリピン製とかで安く売られているのを見つけると太刀打ち出来ない。やられたよ。ってなる。
でも、やっぱり安いのはそれなり。そうだよね?
先日、10代の頃から大好きだった雑貨屋を久しぶりに覗いたら、やはり中国製が幅を利かせていた。
なんだかすっかり興ざめしてしまい、すぐ店を後にした。
やっぱり安いのはそれなりなのである。

というわけで
メガネ業界の方達には申し訳ない事をしました。
でも、やっぱり安いは安いでそれなりに嬉しいのです。
たぶん使い捨てになるだろうけど。
[PR]
by yyoshies | 2009-02-11 14:38 | つれづれ